がんの検査

がんの検査

がん細胞は正常の細胞よりも分裂が盛んに行われるため、グルコース(糖分)をたくさん必要とします。そのためグルコース類似体であるFDGを静脈から注射し、病巣に集まった様子を、PET装置で撮影しますと、がんの部位や大きさがわかります。
PET検査で、正確な診断ができると治療法や治療範囲を決めるのに大変役立ちます。特に予想外の病巣が見つけることで、今後の治療方針に役立ちます。(保険適応)

乳がん 甲状腺がん 悪性リンパ腫
乳がん
甲状腺がん
悪性リンパ腫